こんにちは、クリエイターの新本です。

最近ストックミュージックの方でも知名度上がってきたのでこれまでやってきたことをまとめて紹介したいと思います。

少しでもご参考になれば幸いです。

まず、Audiostockの登録自体は2016年にしていたものの過去の作品をアップしてただけというのもあり最初は全然売れないなーと思ってました笑

(今思うと単にやり方が悪かっただけです)

しかし2018年8月から上京したことをきっかけに本格的に取り組み始めてみたら思ったより早く収益が伸びました。

というわけで今回はこの1年でやってきたことについて書きたいと思います。

現在BGM約600点登録していて多少浮き沈みはあるものの毎月50〜70点売れてます。収益にすると11〜14万くらいという感じです。

50点ほど登録している効果音もたまに売れますがBGMの方が単価が高いのでそちらをメインでやっています。

それで具体的にどうやって売上を伸ばしてきたかという言うと主にこの3つです。

1.月30点以上登録する

2.コンペで採用される

3.得意ジャンルを固める

1から説明すると30点登録する理由は2つあって、1つはサイト上で見つけてもらう確率を高めるため、もう一つは報酬パーセンテージを最大限上げるためです。

始めたばかりの人がまず考えなくてはいけないのは膨大な曲の中で自分の作品を聴いてもらうということです。

もちろん数だけ増やせばなんでも良いわけではないのですが最初は速さになれるという意味も含めてたくさん作るといいです。とりあえず100曲以上。

あとバリエーションで登録するなどすれば「30曲」ではなくて良いので実質10曲〜15曲でも達成できます。

報酬パーセンテージは30点登録すると3%上がりますが売上点数が多くなるとこの差も大きくなってきます。

はAudiostockスタジオで定期的にやっているコンペのことです。

こちらで採用されたレコーディング作品はおすすめに表示されるため聴いてもらえる確率が格段に上がります。

そこからお気に入りクリエイター登録されることもあるので聴いてもらうためのきっかけとしては非常に大きいです。

コンペなので当然クオリティの高い作品を提出する必要がありますが是非チャレンジすることをおすすめします。

たとえ落ちても作品登録は可能なのでメリットしかないですし。

最後にですが得意だと思うジャンルの曲をある程度量産して自分のカラーを認知してもらうという話です。

僕の場合コーポレート系が需要もある且つ自分に合っていると思ったのでそのシリーズだけで70曲以上作りました。

ちなみに飲食店でも何かに特化している店の方が最近は売れるらしいのでそんな感じ。

ある程度自分のカラーが決まってきたら他のジャンルも埋めていくという方が購入者にとっても選びやすいと思います。

同じ方向性の曲がまとまっていると連続で購入されるなんてこともあるので。

以上ですが、簡単にまとめると

・聴いてもらうことが全ての始まり

・クオリティはたくさん作りながら改善していけば良し

・◯◯のサウンドが得意な人だと認知されるべし

もう少し具体的な曲の作り方については今度別の記事などで書こうと思います。

Audiostockは英語版もリリースされこれからますます伸びていくと思うので今からでも是非やってみてください。

ではまた!

 

クリエイター登録や購入者登録の際に下記招待コードを入力していただくと特典がありますので是非ご利用ください。

dhF9EbwK5HNO